読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘備録

普段のいろいろ忘備録です.技術ブログ書きたいなって思った.

latexitで作った数式をKeynoteからlatexitに戻す

LaTeXiT Keynote

またもやlatexitのネタです.

 

便利なプレゼンテーションツールKeynoteにlatexitで作った数式のpdfファイルを張った後に再編集したいときってありますよね.

latexitで作った数式ファイルはコメントとして(?)texの数式内容がpdfファイルに含まれているので再編集も簡単です.

 

Powerpointだったらpdfになってる数式のオブジェクトをlatexitにそのままドラッグ&ドロップで再編集できるんですが,最新版のKeynoteだと同じノリでドラッグ&ドロップしてもうまくいきません.(と言うか,pptでもちょっと背景に色つけたりするとtiffになってしまうっぽくて再編集ができない状態になってしまう...)

 

手順

1,貼り付けた数式を選択

f:id:mokab328:20170122155820p:plain

2,「フォーマット>イメージ」にてファイル情報を参照できる.

f:id:mokab328:20170122155831p:plain

3,これをlatexitにドラッグ&ドロップ

f:id:mokab328:20170122155841p:plain

 

これで再編集が可能になる.